【子育て支援】保育料など無償化条件「マイナカード取得」が撤回される!?

岡山県備前市が保育園・こども園の保育料や小中学校の給食費などの無償化をするため、マイナンバーカード取得を条件とした問題が撤回されたということです

岡山県備前市はこれまで、保育園・こども園の保育料や小学校の給食費などの無償化について2023年度から全世帯分の「マイナンバー取得」を条件としておりました。

しかし、住民などからの反発もあり、市は本件に関して撤回を決めたということです。

「マイナンバーカード」は、取得するためには、手続きが必要で手間もかかります。現在の普及率を鑑みると、今回の「無償化」が、ある意味「マイナンバーカード」取得を促進させる手段とみられてしまいそうです。

ただし、行政手続きのデジタル化は国の施策の急務です。はたして、この問題はどうなってしまうのでしょうか。

幼児教育・保育の無償化とは

政府がこれまで推し進めている「保育料の無償化」とは以下のような概要となっております。

【対象施設】
幼稚園保育所・認定こども園・地域型保育・企業主導型保育事業

【対象の子供】
3~5歳児クラス:無料子ども・子育て支援新制度の対象とならない幼稚園は、月額2.57万円まで

0~2歳児クラス:住民税非課税世帯は無料(保育所等を利用する最年長の子供を第1子とカウントし、第2子は半額、第3子以降は無料。ただし、年収360万円未満相当世帯は、第1子の年齢は不問)

とされております。

マイナンバーカードが必須というのは、やはり敷居が高いこともあり、反発が出るのは必至です。

このような動きが岡山県だけでなく、全国に展開していく可能性は十分に有り得そうです。

補助金コンシェルでは事業者さま向けの「補助金」を始め、生活に役立つ「給付金」などの最新情報を日々更新しています。

ぜひ、補助金コンシェルをご活用ください!

会員登録はこちら!

補助金コンシェルのTiktokで毎週、火・金曜日に「給付金」などお得な情報を更新しています!
手っ取り早く最新の「給付金」等の情報を得たい人は、Tiktokがおすすめ!

人気記事TOP5 ランキング
関連記事