【2023年】「全国旅行支援」region PAY、STAYNAVIなどの電子クーポンの使い方は?

2023年1月10日から再開した「全国旅行支援」。
多くの自治体では3月末まで実施されます。
昨年実施された「全国旅行支援」との違いをまとめました!

【2023年全国旅行支援】クーポンと割引率が変更!

「全国旅行支援」は、旅行代金の補助(割引)に加え、地域限定クーポンがもらえる制度です。

変更点(1)割引率が下がった

昨年:

40%

今年:

20%

 

2023年1月10日からの「全国旅行支援」では、旅行者が旅行代金の80%を支払うことになります。

昨年では60%の支払いで旅行ができたので、だいぶお得感が薄れました。

変更点(2)割引上限額が下がった

「全国旅行支援」では、割引上限額が決められています。

宿泊+交通の旅行では3,000円、宿泊のみの旅行で2,000円下がりました。

昨年:

宿泊+交通……8,000円

宿泊のみ……5,000円

今年:

……5,000円

宿泊のみ…宿泊+交通…3,000円

変更点(3)平日クーポンの値段が下がった

「全国旅行支援」では、現地で使えるクーポンが配布されます。

土日と平日でクーポンの値段が違うのですが、今年から平日クーポンの値段が1,000円下がりました。

昨年:

平日……3,000円

土日……1,000円

今年:

平日……2,000円

土日……1,000円

変更点(4)クーポンが原則電子クーポンになった

昨年:

紙クーポンまたは電子クーポン

今年:

原則電子クーポンのみ

【2023年全国旅行支援】実質いくらで旅行できるの?

実際に「全国旅行支援」を利用するとどのくらいお得になるのでしょうか?

以下の条件でシュミレーションをしてみました。

 

・参加人数:1名

・旅行プラン:平日、宿泊+交通、1泊

・元の旅行代金:7,500円

 

「全国旅行支援」で補助される金額……1,500円(※7,500円×20%)

旅行者が支払う金額……6,000円(※7,500円-1,500円)

もらえるクーポンの金額……2,000円

実質かかる金額……4,000円(※6,000円-2,000円)

【2023年全国旅行支援】電子クーポンとは?

「全国旅行支援」で配布される電子クーポンが、今年から原則電子クーポンのみに。

「全国旅行支援」の電子クーポンは、自治体ごとに対応が異なります。

 

たとえば、以下3つが電子クーポンのシステムとして導入されています。

【2023年全国旅行支援】電子クーポンの使い方!

region PAYアプリを使った電子クーポンの使い方

神奈川県、静岡県、大阪府などで「region PAYアプリ」を導入しています。

「STAYNAVI」を使った電子クーポンの使い方

「STAYNAVI」はアプリではなく検索予約サービスサイトです。

北海道や宮城県などで「STAYNAVI」を導入しています。

独自の受取サイトを使った電子クーポンの使い方

独自の受取サイトを利用する自治体もあります。

専用アプリのインストールは必要ありません。

補助金コンシェルでは、日々の暮らしに役立つ情報を発信しています。

人気記事TOP5 ランキング
関連記事