【令和5年】「ものづくり補助金2023」は次回14次公募から!変更点は?開始はいつ?

経済産業省が令和4年度2次補正予算案を閣議決定し、令和4年12月2日に予算の成立が発表されました。

国の4大補助金の1つである「ものづくり補助金」も継続して公募が行われる予定です。

また、現在は令和元年補正予算~令和3年補正予算分である13次の公募中です。

この13次の終了後に、すみやかに令和4年補正予算を基に「14次」が公募開始される予定です。

13次公募は、令和4年12月22日に締切ですので、早くて12月中に14次(変更・拡充)の公募が公開される可能性もあります。

また「令和4年度補正予算」をもとに令和6年度まで切れ目なく公募が行われる予定とされています。

目次

令和4年補正予算成立後(令和5年)のものづくり補助金

令和4年補正予算成立後(令和5年)のものづくり補助金は以下の支援内容のもと公募が行われる予定です。

申請類型

通常枠
新製品・新サービス開発・⽣産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援

回復型賃上げ・雇用拡大枠
業況が厳しい事業者※が賃上げ・雇用拡大に取り組むための革新的な製品・サービス開発または⽣産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援
※前年度の事業年度の課税所得がゼロである事業者に限る。

デジタル枠
DXに資する革新的な製品・サービス開発又は⽣産プロセス・サービス提供方法の改善による⽣産性向上に必要な設備・システム投資等を支援

グリーン枠
温室効果ガスの排出削減に資する取組に応じ、革新的な製品・サービス開発または炭素⽣産性向上をともなう⽣産プロセス・サービス提供方法の改善による⽣産性向上に必要な設備・システム投資等を支援

グローバル市場開拓枠
海外事業の拡大等を目的とした設備投資等を支援
海外市場開拓(JAPANブランド)類型では、海外展開に係るブランディング・プロモーション等に係る経費も支援

 

 

主な変更点・拡充内容

補助上限額3,000万円→4,000万円に

ものづくり補助金の補助額についての変更点ですが、グリーン枠が、「エントリー」「スタンダード」「アドバンス」の3段階の上限設定が行われます。

これにより補助上限額が3,000万円から4,000万円まで引き上げられます

さらに、補助事業終了後、3~5年で大幅な賃上げに取り組む事業者に対し、下記枠の補助上限に100万円~1,000万円が上乗せされます。(回復型賃上げ・雇用拡大枠は除く)

くわしい補助上限額は以下の表をご覧ください。

13次補助額・補助率

補助額
補助率
通常枠
750万円~1,250万円
1/2 小規模事業者等 2/3
回復型賃上げ・雇用拡大枠
750万円~1,250万円
2/3
デジタル枠
750万円~1,250万円
2/3
グリーン枠
1,000万円~2,000万円
2/3
グローバル展開型
3,000万円
1/2 小規模事業者等 2/3

補正予算成立後(令和5年)の補助額・補助率

※赤字 拡充部分

補助額
補助率
通常枠
750万円~1,250万円
1/2 小規模事業者等 2/3
回復型賃上げ・雇用拡大枠
750万円~1,250万円
2/3
デジタル枠
750万円~1,250万円
2/3
グリーン枠
■エントリー
750万円~ 1,250万円
2/3
■スタンダード
1,000万円~ 2,000万円
■アドバンス
2,000万円~ 4,000万円
グローバル市場開拓枠
3,000万円
1/2 小規模事業者等 2/3

開始はいつ?令和6年度まで切れ目なく公募が行われる!

現在公募されている 令和元年度補正予算~3年度補正予算の13次公募締切後に、令和4年度2次補正予算を基に、速やかに14次公募を開始予定とされています。
また、その後も、令和6年度まで切れ目なく公募を実施予定とのこと。

補助金コンシェルでは、「ものづくり補助金」の他さまざまな補助金の最新情報や給付金、交付金などもお得な情報をご紹介しています。

ぜひ、補助金コンシェルをご活用ください!

人気記事TOP5 ランキング
関連記事