【令和5年】「事業再構築補助金」など3大補助金は補助上限額を引き上げして継続!

経済産業省が令和4年度2次補正予算案を閣議決定し、令和4年11月8日に公開しました。

国の4大補助金とも呼ばれる「小規模事業者持続化補助金」「ものづくり補助金」「IT導入補助金」「事業再構築補助金」も継続して公募が行われる予定です。

その中の「事業再構築補助金」「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」はそれぞれ補助上限額が引き上げられる予定となっています。

今回は令和4年現在と補正予算成立後(令和5年)に公募されるそれぞれの補助金の補助額・補助率を比較していきます。

目次

令和5年度の事業再構築補助金

令和4年度第2次補正予算案で公表された概要によると、補正予算成立後(令和5年度)の事業再構築補助金は以下の支援内容のもと、公募が行われる予定です。

申請類型

成長枠
成長分野への大胆な事業再構築に取り組む事業者向け

グリーン成長枠
研究開発・技術開発又は人材育成を行いながら、グリーン成長戦略「実行計画」14分野の課題の解決に資する取組を行う事業者向け

産業構造転換枠
国内市場縮小等の構造的な課題に直面している業種・業態の事業者向け

サプライチェーン強靱化枠
海外で製造する部品等の国内回帰を進め、国内サプライチェーンの強靱化及び地域産業の活性化に資する取組を行う事業者向け

物価高騰対策・回復再生応援枠
業況が厳しい事業者や事業再生に取り組む事業者向け

最低賃金枠
最低賃金引上げの影響を受け、その原資の確保が困難な特に業況の厳しい事業者向け

補助上限額1.5億円→5億円に

 

事業再構築補助金は「サプライチェーン強靭化枠」が新設されることで、令和4年度の最大補助額1.5億円より5億円まで引き上げられます。

また、公開された概要には「通常枠」の記載はありませんでしたが、回復再生応援枠が「緊急対策枠」と同枠になったことにより補助上限額が3,000万円に。

その他補助上限額が7,000万円の「産業構造転換枠」「成長枠」があたらしく追加されます。

くわしい補助額・補助率は以下をご覧ください。

令和4年度11月時点の補助額・補助率

補助額
補助率
通常枠
100万円~8,000万円
中小 2/3
(6,000万円を超える部分は1/2)
中堅1/2
(4,000万円を超える部分は1/3)
大規模賃金引上げ枠
8,000万円~1億円
中小 2/3
(6,000万円を超える部分は1/2)
中堅1/2
(4,000万円を超える部分は1/3)
回復・再生応援枠
100万円~1,500万円
中小3/4
中堅2/3
最低賃金枠
100万円~1,500万円
中小3/4
中堅2/3
グリーン成長枠
100万円~1.5億円
中小1/2
中堅1/3
緊急対策枠
100万円~4,000万円
中小3/4
中堅2/3
※中小2/3、中堅1/2の場合もあり

補正予算成立後(令和5年)の補助額・補助率

申請類型
補助上限額
※従業員数によって異なる(下限額は100万円)
補助率
最低賃金枠
500万円、1,000万円、 1,500万円
中小3/4
中堅2/3
物価高騰対策・ 回復再生応援枠
1,000万円、1,500万円、 2,000万円、3,000万円
中小2/3
(一部3/4)
中堅1/2
(一部2/3)
産業構造転換枠
1,000万円、4,000万円、 5,000万円、7,000万円
※廃業を伴う場合2,000万円上乗せ
中小2/3
中堅1/2
成長枠
2,000万円、4,000万円、 5,000万円、7,000万円
中小1/2
中堅1/3
グリーン成長枠
【エントリー】
中小:4,000万円、6,000万円、 8,000万円
中堅1億円
【スタンダード】
中小:1億円
中堅:1.5億円
サプライチェーン強靭化枠
5億円
中小1/2
中堅1/3

令和4年補正予算成立後(令和5年)のものづくり補助金

令和4年補正予算成立後(令和5年)のものづくり補助金は以下の支援内容のもと公募が行われる予定です。

申請類型

通常枠
新製品・新サービス開発・⽣産プロセスの改善に必要な設備投資及び試作開発を支援

回復型賃上げ・雇用拡大枠
業況が厳しい事業者※が賃上げ・雇用拡大に取り組むための革新的な製品・サービス開発または⽣産プロセス・サービス提供方法の改善に必要な設備・システム投資等を支援
※前年度の事業年度の課税所得がゼロである事業者に限る。

デジタル枠
DXに資する革新的な製品・サービス開発又は⽣産プロセス・サービス提供方法の改善による⽣産性向上に必要な設備・システム投資等を支援

グリーン枠
温室効果ガスの排出削減に資する取組に応じ、革新的な製品・サービス開発または炭素⽣産性向上をともなう⽣産プロセス・サービス提供方法の改善による⽣産性向上に必要な設備・システム投資等を支援

グローバル市場開拓枠
海外事業の拡大等を目的とした設備投資等を支援
海外市場開拓(JAPANブランド)類型では、海外展開に係るブランディング・プロモーション等に係る経費も支援

 

 

補助上限額3,000万円→4,000万円に

ものづくり補助金の補助額についての変更点ですが、グリーン枠が、「エントリー」「スタンダード」「アドバンス」の3段階の上限設定が行われます。

これにより補助上限額が3,000万円から4,000万円まで引き上げられます

さらに、補助事業終了後、3~5年で大幅な賃上げに取り組む事業者に対し、下記枠の補助上限に100万円~1,000万円が上乗せされます。(回復型賃上げ・雇用拡大枠は除く)

くわしい補助上限額は以下の表をご覧ください。

令和4年度11月時点の補助額・補助率

補助額
補助率
通常枠
750万円~1,250万円
1/2 小規模事業者等 2/3
回復型賃上げ・雇用拡大枠
750万円~1,250万円
2/3
デジタル枠
750万円~1,250万円
2/3
グリーン枠
1,000万円~2,000万円
2/3
グローバル展開型
3,000万円
1/2 小規模事業者等 2/3

補正予算成立後(令和5年)の補助額・補助率

補助額
補助率
通常枠
750万円~1,250万円
1/2 小規模事業者等 2/3
回復型賃上げ・雇用拡大枠
750万円~1,250万円
2/3
デジタル枠
750万円~1,250万円
2/3
グリーン枠
■エントリー
750万円~ 1,250万円
2/3
■スタンダード
1,000万円~ 2,000万円
■アドバンス
2,000万円~ 4,000万円
グローバル展開型
3,000万円
1/2 小規模事業者等 2/3

令和4年補正予算成立後(令和5年)の小規模事業者持続化補助金

令和4年補正予算成立後(令和5年)の小規模事業者持続化補助金は以下の支援内容のもと公募が行われる予定です。

申請類型

賃金引上枠
事業場内最低賃金を地域別最低賃金より+30円以上とした事業者が対象

卒業枠
小規模事業者として定義する従業員数を超えて規模を拡大する事業者が対象

後継者支援枠
アトツギ甲子園のファイナリスト等となった事業者

創業枠
過去3年以内に「特定創業支援事業」による支援を受け創業した事業者が対象

※インボイス転換事業者を対象に全枠で補助上限額50万円引上げ。そのためインボイス枠は終了。

補助上限額200万円→250万円に

昨年の補正予算成立後から、令和4年は補助上限額が100万円200万円まで引上げられました。

令和4年補正予算成立後(令和5年)から、インボイス転換事業者を対象に全ての枠で一律に50万円の上限が上乗せされます。

これにより補助上限額が250万円まで引き上げられます

くわしい補助上限額・補助率は以下の表をご覧ください。

令和4年度11月時点の補助上限額・補助率

補助上限額
補助率
通常枠
50万円
2/3(賃金引上げ枠のうち赤字事業者については3/4)
賃金引上げ枠
200万円
卒業枠
200万円
後継者支援枠
200万円
創業枠
200万円
インボイス枠
100万円

補正予算成立後(令和5年)の補助額・補助率

補助上限額
補助率
通常枠
100万円
2/3(成長・分配強化枠の一部の類型において赤字事業者は3/4)
賃金引上げ枠
250万円
卒業枠
250万円
後継者支援枠
250万円
創業枠
250万円

まとめ

今回の令和4年補正予算案公表により、令和5年の4大補助金の継続と、そのうち「事業再構築補助金」「ものづくり補助金」「小規模事業者持続化補助金」の3つの補助金の補助上限額の引き上げが明らかになりました。

これらの情報は、中小企業庁の「中小企業・小規模事業者等関連 令和4年度補正予算のポイント」等の資料を参考にご紹介しています。

令和4年度補正予算の成立後にそれぞれの補助金で準備が整い次第公募が行われます。

また、あたらしい情報が公表されましたら、本コラムでもご紹介していきます。

補助金コンシェルでは引き続き、事業者さま向けに役立つ「補助金」の情報を配信ていきます!

人気記事TOP5 ランキング
関連記事