【2022年11月最新版】「全国旅行支援」と併用可能!自治体独自の割引6選

旅行代金の40%が割引され、さらに旅行先で使えるクーポンがもらえる「全国旅行支援」。

自治体独自の割引があるのをご存知でしょうか?

本コラムでは、「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引をご紹介します!

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(1)東京都「もっとTokyo」

東京都の「全国旅行支援」である「ただいま東京プラス」は、都内観光促進事業の「もっとTokyo」(都民割)と併用可能です。

対象者:東京都民

実施期間:2022年12月20日まで

事業内容:宿泊旅行・日帰り旅行に対して定額助成する

併用する条件
助成額
宿泊旅行
平日:1,1000円以上の旅行          休日:8,000円以上の旅行
1人1泊あたり5,000円
日帰り旅行
平日:8,500円以上の旅行の旅行        休日:5,500円以上の旅行
1人1回あたり2,500円

たとえば、11,000円の平日の宿泊旅行の場合。

「もっと Tokyo」(都民割)と「ただいま東京プラス」を併用すると約70%オフの3,600円で行けます。

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(2)徳島県「みんなで!徳島旅行割プラス」

対象者:全国の旅行者

実施期間:2022年12月20日まで

事業内容:1 泊あたり最大 5,000 円をキャッシュバックする

 

「みんなで!徳島旅行割プラス」を利用して割引を受けるには、事前予約が必要です。

対象旅行商品は、2022年 4 年 11 月 1 日以降に新規申し込みし、決済された「全国旅行支援」の割引が適用された「交通付き旅行商品」であり、対象期間中に徳島県内で宿泊した商品です。

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(3)北海道函館市「はこだて割」

対象者:全国の旅行者

実施期間:2023年1月31日まで

事業内容:函館市内での宿泊を伴う旅行商品の宿泊料金等を助成する

 

(1)1泊3,000円(税込)以上の函館市内宿泊旅行商品に対して1/2以内を助成 (1人1泊あたり上限10,000円(税込)×3連泊まで)

(2)交通費含む10,000円(税込)以上の函館市内パッケージ商品について、1人1泊あたり定額5,000円(税込)(最大3連泊まで)を助成

 

たとえば、交通費含む10,000円(税込)以上の函館市内パッケージ商品に「はこだて割」と「全国旅行支援」を併用した場合。

旅行代金10,000円(税込)から5,000円割引して5,000円。

さらにそこから「全国旅行支援」適用で40%割引されるので自己負担は3,000円になります。

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(4)鹿児島県「かごしま×楽巡」

対象者:県外からの旅行者

実施期間:売り切れまで

事業内容:タクシー・レンタカーの利用料金を補助する

 

対象のタクシー・レンタカーを利用中に規定の「らくめぐり施設」(県内観光施設)2カ所を利用して、あらかじめスホにインストールした「かごしまらくめぐりスタンプ帳」にスタンプを取得し、タクシー・レンタカー事業者に提示して、利用料金の割引を受けられます。

「かごしま×楽巡」を利用するにはスマホアプリ「LINE」が必要です。

対応する携帯端末等を持っていない場合は利用できません。

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(5)石川県小松市「こまつ宿泊応援割」

対象者:全国の旅行者

実施期間:2022年12月20日まで

事業内容:宿泊旅行代金を定額割引きする

宿泊・旅行代金(税込)
割引金額
2万円以上の場合
5,000円
1万円以上2万円未満
3,000円

「全国旅行支援」と併用する場合は、先に「こまつ宿泊応援割」を適用し、その適用後の代金に対して、「全国旅行支援割」を適用します。

「全国旅行支援」と併用できる自治体独自の割引(6)福井県「福井県オリジナルクーポン特典」

対象者:

【全国の旅行者】

「シニア70 お泊まり特典」

「家族・グループ 特典」

【福井県民】

「嶺北嶺南交流 お泊まり特典」

「県民の交通付き県外宿泊旅行 グループ特典」

実施期間:2022年12月21日まで

事業内容:福井県内お土産店等で使える観光クーポンとタクシー・レンタカー・運転代行で使えるクーポンを配布

 

「福井県オリジナルクーポン特典」は、「全国旅行支援」の利用者が宿泊当日にアンケートに回答すると宿泊施設でもらえるクーポンです。

「福井県オリジナルクーポン特典」は全部で4種類です。

補助金コンシェルでは引き続き、日々の暮らしに役立つ情報を発信していきます!

人気記事TOP5 ランキング
関連記事