【全国旅行支援】クーポンがもらえる条件を解説!子どもの分も対象になる?

「全国旅行支援」は旅行代金の40%が割引され、クーポンがもらえる施策です。

本コラムでは、「子供の分もクーポンももらえるの?」、「旅行が平日を休日にまたがる場合、もらえるクーポンはいくら?」等、素朴な疑問にお答えします!

【全国旅行支援】クーポンがもらえる条件

「全国旅行支援」適用の旅行商品に申込むと、旅行先で使えるクーポンがもらえます。

クーポンは平日と休日によって値段が異なります。

平日……3,000円

休日……1,000円

「平日」と「休日」について

宿泊旅行の場合
日帰り旅行の場合
(1)宿泊日とその翌日が土曜・日曜・祝日
休日
(1) 旅行が、土曜・日曜・祝日
休日
(2)以外
平日
(2)以外
平日

たとえば、「宿泊日が金曜日、その翌日は土曜日」の場合、「平日」に該当するので3,000円のクーポンが付与されます。

【全国旅行支援】クーポンは子供ももらえる?

子供の分のクーポンももらえます。

「全国旅行支援」のクーポンの配布は1人1枚。

赤ちゃんでもクーポン付与の対象になります。

【全国旅行支援】クーポンは何に使える?

旅行先の飲食店、タクシー、鉄道、観光施設等で使えます。

【全国旅行支援】ワクチン接種済みでないとクーポンはもらえない?

「全国旅行支援」を実施しているほとんどの自治体が「コロナウイルスのワクチン3回接種またはPCR検査などの陰性証明」を条件として提示しています。

(一部「県民は2回接種」を条件としている自治体もあります)

つまり、ワクチンを3回接種していれば、「全国旅行支援」に適用されるのでクーポンがもらえるということです。

「全国旅行支援」は、自治体によってワクチンの接種回数が異なります。

必ず旅行先の自治体の接種回数の条件を確認しましょう。

また、12歳未満の子供の場合、陰性証明は不要です。

補助金コンシェルでは、今後も生活に役立つ情報をお届けしていきます!

人気記事TOP5 ランキング
関連記事